アドセンス戦線に異常あり?(1)

不労所得で経済的自由を目指せ!

プロフィール

不労所得

管理人名:キャペリン

年収約1千万円のサラリーマンです。

今の収入が将来も保証されるわけではないので、サラリーマンを続けることに不安を感じています。

2008年後半から、ネットで収入を得ようと活動を開始しました。

最初から不労所得だけで生活しようなんて大それたことは言いません。

また、ひとくちに不労所得といっても色々あります。

ひとつの収入源に極端に依存することになっては、結局サラリーマンをやっていくのと同じリスクを背負うことになります。

私が目指すのは、複数の不労所得源を確保して、リスクを分散させることです。

リスク分散

IPボランチ国際特許事務所

商標登録代行センター

Sponsored Link

アドセンス戦線に異常あり?(1)

先日、Googleより「興味/関心に基づく広告」が始まるとの案内が来ました。

これまでGooGleアドセンスといえば、コンテンツにマッチした広告が表示されるというものでしたが、今後は閲覧者の興味/関心にマッチした広告が表示されることになるのです。

これは、アドセンス狙いの際と運営者にとって非常に大きな変化です。

これまでアドセンスの定石は、高クリック単価のキーワードを狙ったサイトを作成する、あるいは、ニッチキーワードのサイトを量産してロングテールで稼ぐ、というものでした。

私は、興味/関心に基づく広告では、高クリック単価のキーワードを狙ったサイトを作成が功を奏さなくなる可能性が高いと見ています。自分のページの属性が閲覧者の興味/関心の属性に影響して自己のページに合った広告が表示され易くはなると思います。でも、今までとは違って、高クリック単価で競合が激しいサイトを作り上位表示に成功しても、高単価の広告が表示されるとは限りません。

よって、高クリック単価のアドセンス狙いサイトは今後生き残れないでしょう。

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。