Googleでのインデックス数について

不労所得で経済的自由を目指せ!

プロフィール

不労所得

管理人名:キャペリン

年収約1千万円のサラリーマンです。

今の収入が将来も保証されるわけではないので、サラリーマンを続けることに不安を感じています。

2008年後半から、ネットで収入を得ようと活動を開始しました。

最初から不労所得だけで生活しようなんて大それたことは言いません。

また、ひとくちに不労所得といっても色々あります。

ひとつの収入源に極端に依存することになっては、結局サラリーマンをやっていくのと同じリスクを背負うことになります。

私が目指すのは、複数の不労所得源を確保して、リスクを分散させることです。

リスク分散

IPボランチ国際特許事務所

商標登録代行センター

Sponsored Link

Googleでのインデックス数について

Googleでのインデックス数はGoogle ウェブマスターツールの「インデックスに関する情報」で調べられます。

ここでサイト内のインデックスに登録されたページ(演算子site:)の結果を見ると、200〜300件と表示されているにもかかわらず、実際にリストアップされているページ数が数十ページというサイトがいくつか有ります。

これはどういった現象でしょうか。不思議です。

いずれにせよ、インデックス数は徐々に伸びていて、アップロード済みの5サイトの合計で150ページくらいになりました。

これ、気になってます。 ■企業機密流出中■インターネットで月収500万稼ぐ!「シークレットマーケティング」

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。