最も安定した不労所得は家賃収入

不労所得で経済的自由を目指せ!

プロフィール

不労所得

管理人名:キャペリン

年収約1千万円のサラリーマンです。

今の収入が将来も保証されるわけではないので、サラリーマンを続けることに不安を感じています。

2008年後半から、ネットで収入を得ようと活動を開始しました。

最初から不労所得だけで生活しようなんて大それたことは言いません。

また、ひとくちに不労所得といっても色々あります。

ひとつの収入源に極端に依存することになっては、結局サラリーマンをやっていくのと同じリスクを背負うことになります。

私が目指すのは、複数の不労所得源を確保して、リスクを分散させることです。

リスク分散

IPボランチ国際特許事務所

商標登録代行センター

Sponsored Link

最も安定した不労所得は家賃収入

不労所得を得る手段は多々ありますが、不動産からの家賃収入は最も安定した不労所得源といえると思います。このため、わたしは最終的には不動産からの不労所得をメインの収入源にしようと考えています。

もっとも、不動産については、以下のようなハードルやリスクもあります。

  • 初期投資額が大きい
  • 関連法規についての知識が必要
  • 空室リスク
  • 株などと比較して自由な売買が難しい(流動性リスク)

実際に不動産所得を得るのは2年後くらいだと想定していますので、今のうちに知識と元手となる資金を十分に蓄えておこうと思います。

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。